乳輪縮小術

乳輪の大きさや形はご希望に沿ってデザインできます

乳輪の大きさが気になる場合は、乳輪の皮膚を部分的にドーナツ型に切除縫合して、乳輪を小さく修正できます。

単純に縫合すると術後に再び乳輪が大きくなったり、傷痕が目立つようになったりする可能性があるので、 皮下で巾着縫合を加えてこれらを防ぎます。傷は乳輪の輪郭に一致するので目立ちません。 乳首の付け根で縮小する方法と、乳輪の縁に沿って縮小する方法があり、患者様の状態とご希望に応じて適した方法を選択します。
左右の形や大きさに違いがある場合には、バランスよく揃えるように治療することもできます。

乳輪縮小手術について

手術は局所麻酔(患部への麻酔注射)で行うことができる簡単なもので、 所要時間は60分ほどです。 麻酔注射の痛みがご不安な場合は、笑気麻酔(マスク麻酔)や静脈麻酔の併用により、 痛みを一切感じることなく手術することもできます。
手術後1週間は患部をガーゼで保護して過ごします。手術当日だけ患部を濡らさないようにし、 翌日からガーゼを外してシャワーで洗えます。
手術1週間後に通院して縫合糸を抜糸します。抜糸後は入浴できます。

手術によって乳首の感覚が麻痺したり、傷痕が目立ったりする心配はありません。

乳頭縮小手術

治療費用

手術方法 料金(税別) 手術時間
乳輪縮小 40万円 約60分